ネコウヨの散歩

ネコと憂国

米国務長官、中国の市民記者の有罪判決を「強く非難」

 【ワシントン=黒瀬悦成】ポンペオ米国務長官は29日、新型コロナウイルスが流行していた中国湖北省武漢市の実情をインターネットを通じて伝えた市民ジャーナリストで元弁護士の張展氏が、28日に公共秩序騒乱罪で懲役4年の実刑判決を受けたことに関し、「中国政府によるいかさまの起訴と判決を強く非難する」との声明を発表した。


 ポンペオ氏はまた、張氏の無条件かつ即時の釈放を要求した。


 ポンペオ氏は「ウソをつくことは権威主義体制の特性だ。中国共産党は武漢市での新型コロナの発生当初から関連の情報を制限および操作し、真実を伝える者たちを容赦なく沈黙させてきた」と指摘し、「米国は中国の市民らが自由かつ平和的に発言する権利を支持し続ける」と強調した。