ネコウヨの散歩

ネコと憂国

御冗談をw

どう考えてもこっちのイラストの方がしっくりくるんだがw


公式ツイに米国死に神イラスト、在仏中国大使館「改ざん」と釈明
AFPBB News
2020/05/26 08:21


【AFP=時事】在仏中国大使館のツイッター(Twitter)アカウントに24日夜、米国を血に飢えた死に神のように描いたイラストが投稿され、同大使館のソーシャルメディア活動をめぐり波紋が広がっている。これについて同大使館は25日、ツイッターのアカウント「改ざん」によるためだと釈明した。
 在仏中国大使館のアカウントに投稿されたイラストには、米国旗をまとい大きな鎌を持った死に神が、イラク、リビア、シリア、ウクライナ、ベネズエラと書かれた玄関の前を通過すると、ドアから血が流れ出す様子が描かれていた。死に神は香港と書かれたドアをノックしており、キャプションには「次は誰だ?」と書かれていた。投稿はすでに削除されている。
 同大使館はその後、「釈明」と題した声明を投稿し、「何者かが中国大使館の公式ツイッターアカウントを改ざんし、『次は誰だ?』と題したイラストを投稿した。当大使館はこれを非難するもので、常に情報の真実性、客観性、合理性という原則を順守している」と述べた。
 大使館は改ざんの経緯について詳細を明らかにしていないが、声明で「ハッキング」という言葉は使っていない。
 中国は現在、香港への統制を強めており、そのため米中関係はさらに悪化している。
 在仏中国大使館のツイッターアカウントは新型コロナウイルス危機のさなかに挑発的なツイートを連投したことで注視され、すでに仏外務省が中国大使を呼び出す事態が起きていた。ここ数週間のツイッター投稿では、新型ウイルス流行に対する欧米諸国の危機管理を批判しつつ、流行をおおむね収束させた自国の成功を誇示するPR活動を展開していた。
【翻訳編集】AFPBB News