ネコウヨの散歩

ネコと憂国

来日する台湾人と中国人を如何に見分けるかという問題

ブログ「台湾は日本の生命線」より。ブログでは関連写真も↓
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3503.html


 2020/05/22/Fri


このブログですでにたびたび取り上げているのだが、観光で来日する台湾人の悩みと言えば、よく話題になるのが中国人観光客と間違われることだ。


 台湾人と中国人は顔が似ていて言葉も中国語を使うため、一般の日本人はその区別がつかず、マナーの悪い中国人と混同されるのが嫌なのだ。


 最近では武漢ウイルスの発生で中国人がマスクを買い漁って顰蹙を買った時期に、台湾人は薬局その他で白い目で見られたという話もよく聞かれた。


 親台反中という日本社会の空気も知っているだけに、誤解されると尚更悔しいに違いない。そこで向こうでは旅行会社等々が訪日客のために「私は台湾から来た」などと書かれたステッカーを作り始めたりもしている。いずれウイルス猖獗の事態が終息すれば、そういったものをスーツケースに貼った台湾人が散見されるようになるのではないか。


 一方、その親台反中の日本人だが、こちらもこちらで台湾人を歓迎したいとの思いから、両者の見分け方を知りたがる人は多く、「台湾人であると一目でわかるステッカーやバッジの着用したらどうか」などと提案する声が早くから出ていた(「台湾人はそのような面倒なことが一番嫌いだ」という話を台湾の友人から聞かされたことがあるが、今やそんなことは言っていられない状況になっているかもしれない)。


 「そう言った呼びかけを台湾側に行う活動をやってはどうか」との提案を二、三度受けたことがあったが、もっとよく受けるのが「どうすれば見分けられるか」という質問だ。


その答えは決まっている。「一番簡単な方法は言葉を聞くこと」である。中国語を勉強したことのある人なら、イントネーションや言い回しの違いでだいたい見当がつくだろうし、台湾語がどういうものかを知っている人なら、向こうが台湾語を話していれば、「台湾人だ」とすぐわかる。


それではそれ以外にはどんな方法があるかと言えば、後は立ち居振る舞いや服装などの雰囲気から違いを感じ取る他ないのだが、問題はそれをどう感じ取るかである。


 台湾人が日本で別の台湾人を見かけると、その雰囲気でそれとわかることが多いし、我々日本人も台湾で日本人とすれ違うと、同じようにすぐわかることがあるように、やはりそれぞれ独特の雰囲気があるのだ。ただ一般の日本人には、そうした台湾人の中国人の雰囲気の違いがわからないため、みな悩んでいる訳である。


 私は長年の経験で、そうした違いを比較的に感じ取れる方だが、しかしその違いを口で説明しろと言われると、それが結構難しい。もちろんそう思うのは私だけではないらしい。台湾でもある人が「中国人女性と台湾人女性の違いは一目でわかるが、その違いについてうまく言えない」と感じたとかで、どのような判断基準があるのかネットで広く聞いてみたという。


その結果、多くの台湾人から次のような見方が寄せられたらしい。


 1、言葉のイントネーション:多くの人が「これが最も簡単な方法。外観だけでは区別は難しい」と言っているそうだ。


 2、顔立ち:やはり多くの人が「台湾人は顔立ちが立体的だが、中国人はそうではない。この雰囲気の違いを見れば八割は区別がつく」「台湾人の多くは原住民の血統のため、顔が立体的。中国人とは大きく違う」と言っているとか。


 3、気品:この点を比較してもすぐ区別できるという。「台湾人女性は上品だが、中国人女性はたいてい性格がストレート」「中国人女性の話し方には覇気がある」「中国人は着る物が派手」とのこと。


 4、服装:中国人女性は着方が大袈裟で、それぞれに独自の原則があるとの指摘が多い。「華麗なのが好き」「結婚披露宴できるような服を着る」「着る物が違う。中国人はワンピースが多い」等々。


 5、化粧:これにも台湾人女性とは大きい違いが見られるという。「中国人の化粧は派手」「韓国式が好き」「口紅がとても赤い」


 以上が日本人にどこまで参考になるかはわからない。「なるほど、確かにそうだ」と思う人も少なくはないかもしれないが、これだけではやはり、やはり両者の見分けは難しいのではないだろうか。


いずれにせよ私が日本人に訴えたいのは、たとえどんなに中国人が嫌いだとしても、中国語を話す者を一々白い目で見てはいけないということである。それは中国人のすべてにマナーがない訳ではないからというだけでない。もしかしたら中国人でなく台湾人である可能性も大いにあるからだ。


そもそもいつも気になるのだが、日本人には「台湾は中国の一部であり、台湾人は中国人だ」との誤解も根深く、それもまた両者の見分けを妨げていると思う。このあたりは日本人の努力次第で、いくらでも解消できる問題だろう。本稿が一番言いたいのは、この点である。



*************************************************************************


メルマガ版「台湾は日本の生命線!」


 発行 永山英樹(台湾研究フォーラム)


 運動拡大のため転載自由 


ご意見等: mamoretaiwan@gmail.com 
 ____________________________


 台湾は台湾!Chinese Taipeiではない!
2020東京五輪(奧運)「台湾正名」推進協議会に参加を! 


 協議会HP http://2020taiwan-seimei.tokyo/index.html
署名(連署)用紙 http://www.ganbare-nippon.net/PDF/2020taiwanshomei
連署漢語説明 http://2020taiwan-seimei.tokyo/petition_tw.html