ネコウヨの散歩

ネコと憂国

「完全勝訴」に感激=孔子廟違憲判決で原告側―政教分離訴訟

 儒教の祖を祭る「孔子廟」をめぐる政教分離訴訟で、那覇市による公園敷地の無償提供を違憲とする最高裁判決が出た24日、原告の住民や代理人弁護士からは「感激している」「完全勝訴だ」と喜びの声が上がった。


 原告住民の金城照子さん(92)は那覇市内で記者会見。勝訴の一報を受けた際は「うれし涙というか、感激の涙がこぼれた」と振り返り、「市には政教分離をしっかりわきまえて、きれいに解決してほしい」と求めた。


 東京都内で記者会見した原告側代理人の徳永信一弁護士は「行政が異文化の価値観や宗教とどう関わるべきか、一つの道しるべになった判決」と評価。那覇地裁では孔子廟の撤去などを求める住民訴訟が係争中で、「敷地使用料を払えば違憲ではないのか、撤去が必要なのか。政教分離原則の基準を明らかにしたい」と意気込んだ。



 原告側の岩原義則弁護士も「完全勝訴だ。反対意見もあったが、歴史に残る判決と思う」と歓迎。上原千可子弁護士は「市は判決を重く受け止めて、行政の是正を図っていただきたい」と述べた。