ネコウヨの散歩

ネコと憂国

海自、米豪海軍と南シナ海で訓練=コロナ拡大後初、中国けん制か

2020/07/22 07:40


© 時事通信 提供 海上自衛隊の護衛艦「てるづき」艦橋から見たオーストラリア海軍の強襲揚陸艦「キャンベラ」(左から2隻目)など=21日(海自提供)
 山村浩海上幕僚長は21日の定例記者会見で、海上自衛隊が19日から南シナ海などで米国、オーストラリア両海軍と共同訓練を実施していると発表した。新型コロナウイルス感染が拡大した後、3カ国による訓練は初めて。南シナ海での領有権を主張する中国をけん制する狙いがあるとみられる。
 海自によると、訓練は南シナ海、フィリピン東方沖からグアム周辺に至る海空域で23日まで実施。海自護衛艦「てるづき」のほか、米海軍の空母「ロナルド・レーガン」、豪海軍の強襲揚陸艦「キャンベラ」など計9隻と航空機が参加している。対潜水艦、対航空機訓練などをしながら航行中だという。
© 時事通信 提供 共同訓練を行う海上自衛隊の護衛艦「てるづき」(右から2隻目)、米海軍の空母「ロナルド・レーガン」(中央)、オーストラリア海軍の強襲揚陸艦「キャンベラ」(左から4隻目)など=21日(海自提供)
 山村海幕長は「日米豪の緊密な関係をアピールできる。『自由で開かれたインド太平洋』というビジョンを踏まえ、米海軍をはじめ各国との共同訓練を追求したい」と述べた。