ネコウヨの散歩

ネコと憂国

シナ人を入れるとこうなります!

中国人の男「八王子で強殺」=知人に告白、所在捜査―スーパー3人射殺・警視庁


2020/07/29 08:09


 東京都八王子市のスーパーで1995年7月、アルバイトの女子高校生ら3人が射殺された事件で、警視庁八王子署捜査本部の調べに対し、日本人の男性が「知人の中国人の男から『八王子で未解決の強盗殺人を起こした』と聞いた」と証言していたことが28日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査本部は、実行犯につながる可能性がある情報とみて中国人の60代男の所在を捜査したが、特定には至っていないという。事件は未解決のまま、30日で発生から25年を迎える。
 捜査関係者によると、日本人男性は50代後半の暴力団関係者。2009年、事件への関与が疑われた別の中国人男性に対する捜査で浮上した。
 捜査本部は、日本人男性の供述などからこの中国人男性がカナダにいることを確認し、旅券法違反容疑で逮捕状を取り、13年に身柄の引き渡しを受けた。射殺事件についても捜査したが、関与は裏付けられなかった。
 一方、日本人男性は捜査本部が09年に調べた際、この中国人男性の依頼で、04年ごろに都内に住む別の中国人の男の面倒を見ていたと明かしていた。日本人男性は「男は強盗組織のリーダー格で、犯行に使う車を入手するため男と八王子に行った。その際、男から『以前、八王子ででかいヤマ(事件)をやってしまった。未解決の強盗殺人だ』と打ち明けられた」と話したという。
 中国人の男はそれ以上の具体的な説明を避けたとみられるが、日本人男性は「それまでに男の関係者から聞いていた話からスーパーの事件だと確信した」と調べに証言した。ただ、男との関係は数カ月程度で終わっており、その後は連絡を取っていなかった。
 捜査本部は男の所在確認を進め、東京都東部に拠点を置く中国人組織との関連を指摘する情報も得たが、発見に至らなかったという。
 殺人罪などの公訴時効が撤廃され、事件の捜査は今も続いている。情報提供は八王子署代表電話042(621)0110まで。