ネコウヨの散歩

ネコと憂国

コロナ後の多国間統治討論=米中再び応酬―国連安保理

 【ニューヨーク時事】国連安保理は24日、「新型コロナウイルス禍後のグローバル・ガバナンス(多国間統治)」を討議するオンラインの公開会合を開いた。中国の王毅国務委員兼外相が「冷戦思考を捨てよ」と米国をけん制したのに対し、米国は感染拡大で「中国の責任」を主張。コロナ後の国際協調の在り方をめぐっても双方が応酬を繰り広げた。
 グテレス国連事務総長は冒頭、「私たちは100年前、多国間の統治による有効な仕組みがない中、分裂と分極化を経験した。その結果が第1次大戦だった」と警告。「私たちに選択肢はない。目的にかなう国際機関の下に協力するか、不和と混迷につぶされるかだ」と述べ、あらゆる問題に対処できる柔軟な多国間統治が必要と訴えた。
 しかし、コロナをめぐる米中の対立は、22日の国連総会一般討論のビデオ演説に続き、この日も表面化した。王氏は、米国を念頭に「世界が重大なリスクや挑戦に直面した際、大国は人類の前途にある命運を最優先とし、冷戦思考やイデオロギーの偏見を捨て、手を携えて対応しなければならない」と指摘。ロシアのラブロフ外相も世界保健機関(WHO)を攻撃する米国を暗に批判した。 


中露に鏡があればよいのだがw