ネコウヨの散歩

ネコと憂国

中国と欧米、新疆ウイグル問題巡り相互に批判 対立精鋭化

[ジュネーブ 24日 ロイター] - 中国政府による新疆ウイグル自治区における少数民族ウイグル族のほか、チベットと香港の住民の扱いを巡る問題で中国と欧米が相互に批判し、対立が深まっている。


米国のブリンケン国務長官は、国連人権委員会で行った広範な議題を網羅する演説の中で、バイデン政権は中国政府による新疆ウイグル自治区での行いを非難すると表明。


これに先立ち、英国のラーブ外相は22日、新疆ウイグル自治区での強制労働や拷問などを批判。欧州連合(EU)の外相に当たるボレル外交安全保障上級代表は23日、中国に対し、バチェレ国連人権高等弁務官による新疆ウイグル自治区とチベットの視察を許可するよう呼び掛けていた。